誹謗中傷解説サイト

インターネットの誹謗中傷を受けないようにするには

現代はインターネットが普及し、SNSなどで世界中の人たちとつながる事が出来ます。このことは人脈を広げたり、色々な知識を得たりと多くのメリットも有りますが、逆にデメリットも有ります。それは思いもよらない人から誹謗中傷を受けたりする可能性が有るからです。世界中には色々な価値観の人たちがいます。人種も違えば、生活環境も違いますので、自分では問題ないと思言っている事でも他の立場の人から見ると気に障ったりという事も多々あります。そんな時にブログなどでしたら炎上したりしてしまいます。SNNを利用する場合は、自分だと特定されるようなことは絶対に書かないようにしましょう。文章だけでなく、写真を掲載することで自分の生活圏内を特定できてしまったり、家族を特定されてしまったりします。今は写真を載せるだけでそれがどこで取られた物かが分かるようになっていますので十分気を付けましょう。

嫌な誹謗中傷に立ち向かうメリットとやるべきこと

昔であれば誹謗中傷を受けても無視するのが一番だという話もあったでしょうが、インターネットの普及であっという間にありもしない誤解が世界中にばらまかれる世の中なので、何らかの対策を打ちたいのならまずリアクションを返すことが重要です。そうすることで何も知らない第三者がそれを真実だと誤解する可能性を減らすことができますし、誹謗中傷をネットに流している顔が分からない相手に対しても、自分は泣き寝入りなどせず戦っていくつもりだというアピールを送ることができるためです。ではまず何からはじめていけばいいかというと自分の敵の正体を知るためにも、誹謗中傷をする相手が誰なのかを見極めるところから手を付けるといいでしょう。インターネットにある掲示板の書き込みが発端ならその掲示板の管理人に問い合わせるのが一番です。その場合は掲示板の管理人はあくまでも自分を傷つけている相手ではないと心にとめたうえで、誠実な対応で協力を求めると相手も応じてくれやすくなります。

誹謗中傷への考え方と対策

最近よく見かけるようになってきた誹謗中傷ですが、実際そのような言葉を投げつけられたらどのように対処したらよいのでしょうか。状況によっても異なりますが、大体は無視や気にしないことだと思います。特にネットなどでの匿名での誹謗中傷がとてもよく見られるため、この場合は悪意があったり、悪質だったり、ただの愉快犯だったりするので気にしない方がよいかと思われます。しかし、時には自分の行動を見つめ直すことも重要です。そういうことが起こったということは何かしらの原因などがあるかもしれません。全部を全部無視するのではなく、どういう理由でそのような事を言われているのかを突き止め、今後このような事が起きないようにはどうするべきかを考えてみるのも大切だと思います。気にしすぎはよくないですが、気にしなさすぎるのも解決策にはならないので、頭の片隅に置いておくくらいがいいと思います。

誹謗中傷サイトの対策を支援します。インターネットの誹謗中傷でお悩みの方は気軽にご相談ください。問題解決のためのアドバイス、コンサルティングを行うシエンプレ。シエンプレのコンサルティングでは、情報漏えい対策から、風評被害の対策まで幅広く対応いたします。ネットの誹謗中傷から自社サイトを守る、そのお手伝いをいたします。逆SEO対策でネガティブなサイトを見えないように。ネット上での誹謗中傷に悩んでいる企業の方はぜひご連絡ください。